2005年11月26日

LOHASな育児〜今年春夏の家庭菜園〜

今年の春夏は、6種類の野菜を育てた。
ミニトマト2種、とうもろこし、モロヘイヤ、伏見唐辛子、枝豆。

まず、ミニトマトだが、黄色の物と、普通の赤い物の2種類を育てた。
黄色の物は、先が少しとがった楕円状の実がなった。
1つの直径はだいたい3cm程度。
トマトらしい味ではなく、不評であった。
赤い物は、スーパーなどで売られているような小ぶりの物。
こちらは、メイには好評で、ほとんど、メイが勝手に取って食べた。
実際どれくらい成ったのかは不明である。

とうもろこしは枯れてしまった。
この庭は日が当たらない上に、今まで何の植物も育ててなかったらしい剥き出しの土だったので、土壌が肥えていないことは、何となくわかっていた。
とうもろこしは、土壌が肥えていないと難しいと聞いたことがあったので、無理だろうなと思っていたのだが、実が太らず、夏の盛りには枯れてしまった。

枝豆は夫のリクエスト。
今年は、まあまあ実が入っていて、1回分のおつまみ程度にはなった。
夫に内緒で、メイのお弁当用に冷凍しておいたので、メイは大喜びだった。

モロヘイヤは、経験から長く取れるし、痩せた土地でも大丈夫と聞いたから、やってみた。
丈が高くなるはずの植物だが、丈は40cmほどにしかならず、葉も小さかった。
でも、茎がまるで小さな木のように太く硬くなった。
これには驚いた。
でも、かなり長く収穫があったので、来年もやろうと思っている。

伏見唐辛子は、興味半分だった。
近所の花屋に、京野菜や加賀野菜の苗が売られていたので、興味半分でやってみた。
説明では、『辛くない、葉も食べられる』とのことだったが、本当だった。
辛くないしし唐みたいな感じ。
葉も、佃煮にして食べたが、辛くない葉唐辛子の佃煮のようで美味しかった。

とてもラッキーなことに、近所の花屋は格安な上、時期が来ると、いろいろな野菜の苗が売られている。
春夏であれば、トマト・きゅうり・ナスはもちろん、京野菜・加賀野菜の苗まで売られている。
メイはトマトさえあれば、何でもいいらしいが、私は何を作ろうか、夢中になってしまう。

自分が楽しむこと。
それが子どもにも伝わるのではないだろうか?
例えば、土で手が汚れることを嫌がる人が『子どものため』だと思って、無理やりに家庭菜園をしたとしても、子どもはそれを敏感に見抜くだろう。
どんなことでも、そうなのだと思う。

『子どものため』だと考えて、無理をしないで欲しい。
それでは、子育てが楽しくなくなってしまう。
タダでさえ大変な子育て、自分も一緒に楽しんで出来ることがいいと思う。
posted by 荷葉 at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは(^^)他の記事も読ませていただきましたが、子育てって大変というか、いっぱい考えることが多いですね。私はまだ独身で子供もいないので未知の世界ですが、もしできたらいっぱい悩みながら育てていくのだろうと思います。
野菜の話しですが、とうもろこし、私もうまく育ちませんでした。土作りをしなければならないと思いました。野菜作りは大変だけどおもしろい。子供を育てるもの大変だけど楽しいこともいっぱいなんでしょうね。
Posted by サルネエ at 2005年12月03日 17:03
サルネエさん、こんばんは。

とうもろこしって、やっぱり土壌が肥沃でないと難しいんですね・・・
うちの貧弱な庭じゃ、無理かな

野菜つくりは、本当に面白いです
試行錯誤が楽しいんですよね
それで、うまく成長してくれたら、もっと楽しい
うちの冬野菜は、あまり期待できないけれど、メイが「おおっ!」と楽しんでくれているので、それだけでいいかな、と言う感じです。

コメント、ありがとうございました
Posted by 荷葉 at 2005年12月04日 02:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9841616
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。