2013年09月13日

2013年の春夏収穫記録

2013年春夏の家庭菜園は、少数精鋭。
夫も、さすがに植えすぎ、育てすぎは無理だと気づいたようだ。
というわけで、この春夏は、きゅうり2種、ミニトマト1種、唐辛子1本、ハバネロ1本のほか、
シソとニラも空きスペースで少々と言った感じ。
きゅうりは、サントリーの苗2種だったが、1つはイマイチ、もう1つが当たりで、
コンスタントに取れたので、まぁまぁだったと思う。
ミニトマトに関しては、親の口には入らず、子どもたちが食べてしまうので、
熟しているのは見たが、食べていない。数は、そこそこあったと思う。
今年、一番使い勝手が良かったのは、唐辛子。
毎日1本くらいづつ取れたため、暑い盛りの夫の夕食(うどん・そば・そうめん)の薬味として、
大活躍してくれた・・・今も、ポツポツ取れている。
そして、最大の危険物・ハバネロ。
もう、7個くらい収穫。今週末にはタバスコにする予定。
ハバネロは、調理の際、他にくっつかないように気をつけないといけないし、
使い捨て手袋必須だし、結構面倒なのだが、
ハバネロのタバスコは、1回にほんの少ししか使わないので、長持ちして重宝だ。

2013年の春夏は、大量収穫と言うよりは、コンスタントに収穫ができて、
なかなかイイ感じだったとおもう。
2013年秋冬は、日当たりが、スティックブロッコリーと芽キャベツを植えた。
冬は極度の日当たりの悪さがあるのだが、それでも一番日当たりの良さそうなところに
植えたので、どれくらいまでがんばってくれるか、楽しみだ。


★子どもたちの現在の学習 
【メイ】
 今は、『学研の総復習ドリル5年』を5年の学習の仕上げとしてやっている。
 終わり次第、下記のドリルに進む予定。
  <算数>教科書ドリル6年
       中級算数習熟プリント6年(清風堂書店)
  <国語>国語習熟プリント6年(清風堂書店)
       作文王スタンダード(学研)
  <理科>理科集中学習6年(くもん出版)
  <社会>社会集中学習6年(くもん出版)
  <漢字>毎日のドリル漢字5年(学研)【以前より継続中】
  <英語>小学生の英語ドリル1(学研)【以前より継続中】
  <計算>陰山メソッド・徹底反復百マス計算(小学館)【以前より継続中】

【ジン】
  <算数>教科書ドリル3年
       中級算数習熟プリント3年(清風堂書店)
  <国語>国語習熟プリント3年(清風堂書店)
       作文王プライマリー(学研)
  <漢字>下村式となえて書く漢字練習ノート2年(偕成社)【以前より継続中】 
  <計算>陰山メソッド・プレ徹底反復百マス計算(小学館)【以前より継続中】
posted by 荷葉 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。