2013年06月18日

そろそろ潮時なんだけど・・・

メイが1歳半の時から続けているボランティア(NPO法人になっていないほうの団体)は、
実のところ、そろそろ、潮時だと思っている。

もう1つ関わっていたボランティア団体が、NPO法人化した前後に、
何人ものスタッフが、一気に退会し、今では6名。
全員が仕事をしているという状態で、月1回の活動も、人が集まらない時がある。
今年度は、本格的に活動停止について、話し合っているのだが、
なかなか、代表の腹が決まらない。

「自分の居場所がなくなるような気がする」

代表が言っている気持ちは、よくわかる。
今残っている6人のうち5人は、自分の子どもが幼稚園に入る前から、
子連れで活動してきたメンバー。
子育てに終われていた時期は、このボランティアの活動が、
社会の役に立っていると感じられるわずかな時間だった。

でも、もう10年も経つと、個々の家庭の事情もあり、
後を託せるスタッフもいない以上、活動停止も止むを得ないと思う。
代表の気持ちがに、踏ん切りがついたら、活動停止になる予定だ。

10年前は、子育て支援活動は、まだあまり盛んではなかった。
サロンなどの場に行くのは、ヨチヨチ歩きが始まったくらいからと言う方が多かった。
地域の子育てサロンも、始まったばかり。
当時の支援のメインは、幼稚園に入園する一歩手前の幼児だった。
参加者の統計を見ても、春は2歳児が多く、冬になると3歳児が多くなっていた。
参加者には、サロンを巣立って、幼稚園入園という子が多かったわけだ。

それが、行政の少子化対策もあって、今では子育て支援活動は盛んになった。
近年、サロン的な場所も増加し、ママたちは、生後数ヶ月からサロン的な場所に通う。
プレ幼稚園も盛んになり、参加者の年齢も低下した。
近年は、春は1歳児が多く、冬になると2歳児がほとんど。
翌春には、また1歳児がほとんどになる。
昨年度の集計では、毎月の参加人数はほとんど変わらないのに、
月を追うごとに、1歳児が減り、2歳児が増えるという近年の傾向がはっきり見えた。
2歳で、当サロンを巣立った子は、プレ幼稚園に行くのだと聞いた。
中には、いくつかのプレ幼稚園を掛け持ちしている子もいるそうだ。

10年も続けてきて、山あり谷ありだったボランティア活動も、
まさか、最後の後始末までやるとは思っていなかったが、
終わりは、今年から来年だろう。
ここまで来たら、最後まで見届けてやろうと思っている。


★子どもたちの現在の学習 
【メイ】
  <算数>中級算数習熟プリント5年(清風堂書店)
  <国語>国語習熟プリント5年(清風堂書店)
  <理科>理科集中学習5年(くもん出版)
  <社会>社会集中学習5年(くもん出版)
  <漢字>毎日のドリル漢字5年(学研) 
  <英語>小学生の英語ドリル1(学研)
  <計算>陰山メソッド・徹底反復百マス計算(小学館)

【ジン】
  <算数>はなまるドリル2年(四谷大塚)
  <国語>はなまるドリル2年(四谷大塚)
  <漢字>下村式となえて書く漢字練習ノート2年(偕成社) 
  <計算>陰山メソッド・プレ徹底反復百マス計算(小学館)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/366785653
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。