2013年01月27日

自宅学習は続く・・・

さて、メイとジンの自宅学習、自らやってほめられる日もあれば、
怒られ怒られやる日もあるような感じで、4ヶ月が過ぎた。
メイは、何とか4年の内容を一通り終え、5年の内容に突入。
レベルが高くないので、参考にならない方も多かろうが、
何をやってきたのか、覚書に書いておこうと思う。

【メイ】
<算数>
 @標準問題集4年(受験研究社)⇒レベルが高すぎてStep3は飛ばす。
 A教科書ワーク5年(文理)
<国語>
 @標準問題集4年(受験研究社)⇒レベルが高すぎて、太刀打ちできず
                 国語が苦手なことに気づいたため、問題集を変える
 Aことばの習熟プリント・中学年(清風堂書店)⇒3〜4年レベルの文法と語彙
 B集中学習シリーズ・ことばと文法5年(くもん出版)⇒5年レベルの文法と語彙、用法。
<理科・社会>
 わかるが楽しいシリーズ・理科4年(清風堂書店) 
 わかるが楽しいシリーズ・白地図(清風堂書店)

<漢字>
 @毎日のドリル漢字3年(学研) 
 A毎日のドリル・漢字4年(学研
<ローマ字>
 ローマ字リピートプリント(フォーラムA)
<計算>
 徹底反復・新計算さかのぼりプリント5年(小学館)
<復習>
 総復習ドリル4年(学研)

現在、メイが使っているものは、上記の太字のもの。
全てを毎日やっているのではない。
計算/1ページ、算数、漢字orローマ字、国語or理科or社会/各2ページをやっている。
成果が上がっているのかどうかは定かではないが、「わからない」と投げ出すことはなくなった。
わからなくて間違っていることも激減したので、成果はあるのだろうと思っている。
大きな成果は、メイ自身が自分の苦手箇所を把握しつつあることだろう。
国語は「語彙力がなく、文法が苦手」、算数は「計算が遅い」と感じているらしい。
メイが自分で自分の苦手箇所を把握してくれたことが、一番の成果だと思っている。

【ジン】
<算数>
 @標準問題集1年(受験研究社)
 A中級算数習熟プリント2年(清風堂書店)(文理)
<国語>
 @標準問題集1年(受験研究社)
 A学力ドリル国語2年(清風堂書店)
<漢字>
 @毎日のドリル・漢字1年(学研)
 A5分間漢字ドリル・小学1年(清風堂書店)
<計算>
 徹底反復・新計算さかのぼりプリント2年(小学館)

現在ジンがやっているのは、上記の太字のもの。
毎日、計算/1ページ、国語・算数・漢字/各2ページをやっている。
ジンは、まだまだどうなるかわからないのだが、メイに付き合ってやっている感じだ。

何とか、毎日こなしているドリルも、日々続けていれば、なくなってくるもので、
もうそろそろ次の購入をしなければならない。
ジンのドリルは、私が選ぶばかりだが、メイのドリルは彼女の希望で100マス計算を導入、
さらに、4年生の再確認として「全科の復習テスト4年(受験研究社)」をやる予定だったが、
「チャレンジテスト全科4年(受験研究社)」にレベルアップ。
変更も、書店で見比べた結果、メイ自身が希望したものだ。

自宅で市販のドリルをやらせるようになって、
一番変わったのは、メイ自身が自らやれるようになったことだ。
もともと自宅学習は、通信教育をやっていたのだが、いつからか怒られてやるようになり、
おそらく勉強も楽しくなくなってきたに違いない。
口にしては言わないが、勉強がわからないことでイヤな思いもしてきたはずだ。

あのとき、3年生の復習を勧めて、実行して、よかったと思っている。
塾に通っていない我が子たちの勉強で、一番がんばらなきゃいけないのは、実は私。
イライラしながらも怒るのをこらえ、理解できないのかミスなのか、考えて教える、
あまりにもできないなら、ドリルのレベルが合っていないのかなどを考える必要もある。
毎日怒鳴りたくなるし、泣きたくもなるけど、彼らが理解していけるように、
がんばって我慢するのが、私の仕事だ。
まだまだ先は長いけど、今日もまた、がんばろうっと・・・。
posted by 荷葉 at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 小学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/316525259
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。