2011年08月13日

つぶやき色々

◎やっぱり生まれた温度差・・・

ジンの幼稚園は、震災以降、卒園式と修了式、入学式と始業式を除き、GW明けまで休園していた。
GW後も、仮園舎が建たないので、週2日程度の園外保育だったようだが、
夏休みに入り、ようやく仮園舎が完成した。
そして・・・ジンたち卒園児も、ようやく卒園アルバムをもらいに行くことができた。

実際に卒園アルバムをもらいに行ったが、子どもたちの間にも、やっぱり温度差は生まれていた。
ジンの小学校は幼稚園から近くなく、同じ小学校に行った同級生には、弟妹がいない。
ジンと同じ小学校の友達は、震災以降、幼稚園からはひたすら遠ざかる生活だったわけだ。
小学校という新しい環境に飛び込んだこともあり、幼稚園は遠い存在になりつつある。
そして、ジンたちのように小学校が遠く、幼稚園と疎遠になりつつある子は、
別の小学校に通う子でも見られた。

幼稚園の周辺小学校に通っている友達たちには、弟妹がいる子も多く、
震災後は、色々と不便があったり、揉め事があったりしたことからも、
相変わらずの結束力と仲の良さを保っていた。

幼稚園に対しての気持ちの持ち方が違ってきた子どもたちは、
たった4ヶ月前に卒園したばかりなのに、もう、一緒には遊べなかった。
懐かしさから声をかけたり、一緒に遊ぼうとしていた子も、
ほんの数分で、結局、同じ小学校に通う子ども同士での遊びになってしまい、
もともと人数の多くない遠目の小学校に通う子どもたちは、
思っていたよりも楽しくないので、早々に園から立ち去る結果となった。
もちろん、ジンも、そうだった。

何で、こんなことを書いたのかと言うと・・・
ジンたちは震災の影響で、卒園式以外の卒園行事を何一つ行っていない。
『元クラス役員を中心に、やれなかった行事みたいなことをやって欲しい』と言う要望があり、
慰労の食事会などを行うことになったのだが、今回垣間見た子どもの温度差を考えると、
実際にやってみたら、楽しくなかったと言う親子が、思っているよりも多く出ると思うのだ。
私がそう思っても、そう思わない方々も多いだろうから開催することになるのは、確実なのだが、
どちらかというと、ジンは『楽しくなかった』と感じる側だろうと思われ、今から胃が痛い・・・。

◎メイの宿題

今年は、メイの宿題が、少し多めだ。
『毎日1枚、ドリルをやりましょう』と書いてあったが、
本当に、土日も、盆休みも関係なく夏休み日数分ピッタリのページ数だったので、
ちょっと笑ってしまった。
さらに、漢字ドリル、読書感想文、自由研究、環境系の作文、
(夏休み明けの授業で使う資料として)指定された出来事の取材、天体観測・・・。

難関は、『天体観測』
7月下旬から8月上旬は、全体的に天候が悪く、天体観測どころではなかったし、
暑さも戻って、晴れ間も増えた最近は、夕方から雲が出ることも多く、指定された星が見えない。
挙句、南の空には、満月が輝いていて、南の空の星は、晴れ間があっても、裸眼で見にくい・・・。
夏休み終了まで、あと2週間。
天体観測の宿題を終えるため、毎日、空とにらめっこなのだろう。
ゲリラ豪雨も、雲で陰って涼しくなった風も、暑さから逃れるためにはありがたいのだが、
メイの宿題を終えるため、暑くてもいいから、星が見える日があってほしいと思う親心だ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。