2009年10月17日

新米、収穫!!

念願のバケツ稲が、ようやく収穫できた。
思っていたよりも手間がかからず、
水切れしないように気をつけていただけなので、
栽培自体は、楽チンだったように思う。

栽培よりも大変だったのが、食べるまで・・・。
収穫は、もちろんたいしたことがない量なので、大変ではない。
脱穀も、たいしたことない量なので、ちょっと手間だとはいえ、がんばれる程度。

sinmai1.jpg
【脱穀後】

問題は、「もみすり」。
1合あるかないかの少ない量なのだが、これがとても大変だ。
バケツ稲についてきた栽培説明によると、
「脱穀後の米をすり鉢に入れ、野球ボールなどでこするようにして、
もみがらを取る」とある。
北陸農政局のHPでは、もみすりの仕方として、「布にはさんで、棒でたたく」とあり、
両方やってみたが、結構、力仕事で、大変なのだ。
結構がんばったつもりが、もみがらを吹き飛ばしてみると
「まだ、これだけ・・・?」といった感じ。
1時間半程度やって、1/3合程度。
肩こりで断念した。

sinmai2.jpg
【もみすり後】

バケツ稲、栽培するのは簡単だけど、もみすりが大変・・・。
いろいろ検索したところ、バケツ稲を育てた後のもみすりで、
苦労している方は多いようだ。

来年、バケツ稲を育てる方は、「もみすり」をどうするか、
よ〜く考えておいたほうがいいと思う。
(手動もみすり機というものも、市販されているようだ)

まだ、2/3合程度のもみすり前の米が残っている。
肩こりをなだめつつ、もみすりするしかない・・・かな。
posted by 荷葉 at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130505194
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。