2010年07月20日

自宅購入への道J

【とうとう、引渡しの日 64日目】

とうとうやってきた引渡しの日。
銀行で、司法書士への委任状、引渡完了書類、火災保険申込書、振込伝票、出金伝票などを書いて、
あとは、融資の実行を待つ。
昔は、実行までに時間がかかることも多く、不動産会社の人は、話をつなぐのに苦労したそうだ。
今は、だいぶ時間も短くなったらしい。
売主の口座も、夫の口座も、融資してくれる銀行も、全部同じで、違うのは、支店だけ。
他行が絡まないため、銀行の人も、気楽そうだった。

融資の実行を待つ間、売主さんといろいろ話をして、住むまでに時間があるので、
日焼け防止につけているカーテン、ブラインドは、全て置いて行ってもらうことになった。
ちょっとした悩みの種だったので、ラッキーだ。
また、電話の基地局の話も話してくれたのだが、今のアパートと、基地局が変わらないので、
電話番号も変わらないのでは、という話だった。
今年は、幼稚園のクラス役員をやっているので、電話番号が変わらないと、とても助かる。

無事に、融資の実行があり、振込、出金なども終わり、支払う現金を引き渡して、
建築時の図面や測量関係の書類、家の鍵などを頂き、引渡完了書類を交換して、
銀行でやることは、終了した。

売主さんと買主の私たち夫婦、双方の不動産会社の担当者で、現地に移動。
今回の売買に当たって、復元した境界鋲や境界票を確認したり、
売主さんに、家の中の事を聞いたりして、現地内覧も終了した。
境界鋲を確認する時に、売主側の不動産屋が境界鋲の場所を示してくれたのだが、
またまた、驚きの事実がわかった。
売主さんが、新たに購入した帯状の土地は、売買に当たっての境界確認のため、測量したところ、
物件@の底地よりも長く延びていた細い部分の一部が、私道のど真ん中に突っ込んでいたようだ。
細い部分の先端は、私道の『ど真ん中』に、境界鋲が打ってあり、
見たところ、長さ数m、幅数cmで、『現状は道路』なのだ・・・。
開発されたのは、昔々の話で、どうしてこうなってしまったのか、さっぱりわからないのだが、
ともかく、私道持分はないものの、私道として使われている部分には、
私たちが購入した土地の一部があることがわかった。
この私道を分断するように存在している宅地部分が、どんな影響を持つのか、
今のところ、考える暇はないので、後々、考えることにする。

引渡しの後、私たちだけ残って、家の中をあちこちくまなく調べる。
納戸の作り付けの棚は取れるかもしれないだとか、階段のクロスが思っていたよりも汚かったとか、
クロスを拭いてみたけど、きれいにはならなかったとか、
巨大な玄関収納には、クローゼット機能もついていたとか、
安心して、見ることができたので、けっこういろいろな事がわかった。
中でも、一番びっくりしたのが、シーリングライトが直付だったこと。
リビングと夫婦の寝室には、今使っているリモコン式のシーリングライトを取り付ける予定だったので、
引掛シーリング(ローゼット)というものに変更してもらう必要がある。
根太の位置などの関係もあるので、これも業者に依頼することになる。
そして、今回の売買に当たって売主さんが購入された帯状の土地にあるブロック塀が、
ヒビが入って、グラグラしているところもあるなど恐ろしく老朽化していることも判明。
これも、撤去→新設の必要がありそうだ。
さらに言うと、このブロック塀には、消化器がついていて、持ち主不明だし、
(売主さんいわく、「自治会か、以前の持ち主」)
売買に当たって新設された境界票が、ブロック塀の天辺にくっついているので、
ブロック塀撤去の後、復元を土地家屋調査士に依頼しなければならない。

中古住宅を買うと、買った後に思わぬお金がかかるというが、本当だ。
我が家の場合、当初、資金計画を立てたときには、
全てのリフォームを業者に依頼するケースで考えて、予算を立てていたので、
DIYを活用する(・・・せっかく得た知識を活用したい!!)ことになり、
思わぬ費用にも対応できそうなのが、幸いだ。
しかし、ブロック塀に関しては、消化器や境界票の問題もあり、
すぐに、実行するというわけにも行かず、あちこちと調整が必要になりそうだ。

一応、自宅購入への道は、終点にたどり着いた。
実際に住むまでは、まだまだ先があるのだが、
どこのリフォームを行い、どこからどこまで業者に依頼するのか、
どこの業者に依頼するのかなど、やらなければならないことも多い。

家を買うって、けっこう面倒だ・・・・。
posted by 荷葉 at 16:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 自宅購入への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

自宅購入への道I

【本審査に通った48日目】
私は、売買契約前からの購入ブルーのおかげで、あまり熱狂的に購入したいわけでもなく、
『本審査に落ちたら、別の物件を探そうかな〜〜』などと調べ物狂の欲がうずいていたのだが、
残念なことに(笑)、本審査に通ったとの連絡が来た。
引渡しなどの日程調整に入るため、こちらの希望を伝える。
B不動産の担当者いわく「希望通りになると思います」
夫の休みはシフト制なのだが、引渡し日は次月のシフトにかかってしまう。
休みの希望は出していて、希望を出した日はだいたい休みになるのだが、
実際に取れるかどうか、ヒヤヒヤだ。


【火災保険を決める52日目】
火災保険については、契約した後から、ずいぶん調べ、悩んできたのだが、
結局、紹介してもらったものに決めた。
ネットで安いと評判の「住自在」も検討し、見積もりも取ったのだが、
やっぱり、債務者集団割引15%の存在は大きい。

ついでに、この日、休みだった夫に、上司から電話が入り、
休みに希望を出していた日を出勤してもらえないかと打診された。
引渡し日ではない日だったのだが、話の流れで、引渡し日は休めるのか聞いたところ、
引渡し日は休みにできると言われたので、休みの問題も解決した。


【転居の問題 54日目】
中古住宅を購入すると、引越していないのに『転居届』を出すように言われる。
これは登記申請の際の登録免許税を安くするために必要な『住宅用家屋証明書』を取る時に、
住宅に使う証明として、住民票を使うためだ。
一応、住民票が移っていなくとも、賃貸契約書と上申書のようなものを用意すれば、
購入した物件に住むことが確認されるため、住宅用家屋証明書は取れるようなのだが、
賃貸契約書+上申書で、住宅用家屋証明書を取るケースは、非常に少ないと思う。

我が家の場合、転居届を出しても大丈夫かどうかは、学校との相談と言うことになる。
転校がないので、実際に転居するまでは、
旧居と新居の使い分けを内部処理としてしてもらえるか、担任に相談した。
年度途中なので、地域の役員などの問題はなく、
役所関係から来る書類だけ、学校で気をつければよく、
問題はないとのことなので、融資契約までに転居届を出すことになる。

住宅を購入した時に、数週間〜数ヶ月の間、実際に住んでいる場所と住民表上の住所が異なるケースは、
取り立てて、珍しいものではなく、学校もきちんと対応してくれる。
調べたところ、転校を伴う場合であっても、何とかなりそうだ。
(転校を伴う場合、学区外通学の許可などが必要になると思う)


【購入物に頭を痛める55日目】
この日に限って頭を痛めているわけでもないのだが、
買い換えなければならないもの、新しく買わなければならないものの金額に頭を痛めている。
使えるものは全部使うのだが、環境が変わるわけで、買わなければならないものも多い。
当面、一番費用がかかりそうなのは、『就寝』に関係するものだ。
今は、畳に布団なのだが、新居ではベッドになる。
『買っちゃえば?』と夫は言うのだが、何を買うかが問題なのだ。
今回、自宅購入を考えたのは、子供部屋の必要性からなのだが、まだ、メイは一人で寝られない。
もちろん、ジンも一人で寝られない。
いつかは一人で寝るようになるのだろうが、【今】、一人で寝るためのベッドを購入すると、
『やっぱり一人で寝られない』と言われた時に、みんなで寝られない難点があり、
どうしたものか、頭を痛めていると言うわけだ。
おそらく、当面は、子供部屋のどちらかに、私とメイ、ジンの3人で寝ることになるのだが、
新居の子供部屋はフローリング、今は畳に布団、
しかも、シングルにメイ、ダブルに私とジンという構成で寝ている。
フローリングなので、直に布団を引くわけにもいかず、何かしらのものを置く必要があるのだが、
いつか使わなくなるダブル布団用のものを買うのが、もったいないと思ってしまう。
何か、いい案はないものか・・・。


【建築の図面は面白い57日目】
買うもののこととか、リフォームしたいと思っていることとか、考えていて、
建築の図面と、にらめっこしていた。
けっこう、面白いものだと思う。
当たり前なのだが、図面を見ていると、知りたいことが、だいたい分かる。
載っているメーター数などは、壁芯からのものなのだが、載っているメーター数から考えて、
購入するもののサイズを考えれば、基本的に余裕を見て置ける。

物件自体は空き家なので、ずいぶんと広く感じるのだが、
思っていたより狭かったり、広かったりすることがわかった。
結局、図面を良く見て分かったことが原因で、夫が考えていたりフォームをつぶしてしまった。

リフォームに関しては、クロスと玄関の鍵がメインで、あまりする予定がない。
給湯器の交換も考えていたのだが、新商品が発売されるらしいということも分かり、
もう少し、検討の余地があることもわかったので、当面、様子見とする。
クロスの張り替えも、自分でやってみたいところなので、
勾配天井で、天井高の高いLDKなどは、業者に依頼し、あとはDIYしたい。
鍵の交換も、なんとなくDIYで出来そうだ。
引渡しから、引越まで時間があるので、引渡しの後、じっくり眺めて、検分して、
出来そうなところを自分でやることになると思う。
残念ながら、夫はあまり乗り気でないので、私がコツコツやることになりそうだ。
まるまる2ヵ月半あるので、何とかなるだろう。
posted by 荷葉 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅購入への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

自宅購入への道H

【もう後戻りできない売買契約 38日目】
売買契約の日、住宅ローンの本審査に必要な住民票などを取るために、早めに家を出た。
売買契約は、売主側の不動産屋で行うのだが、キッズスペースがあるので、安心と考えていた。

住民票などを取った後、売主側の不動産屋に出向くと、売主さんはもう来ていた。
子供たちをキッズスペースに残し、応接スペースで、売買契約をする。
まず、重要事項説明からなのだが、キッズスペースに飽きてきた子供たちが出入りし、落ち着かない。
結局、メイにお金を渡し、「近くの本屋で本を買ってきていいよ」と言う羽目になった。
書類自体は、あらかじめ、吟味しておいたので、あまり面白くもなんともないものだった。
どちらかというと、重要事項説明後、売主さんから聞いた物件の状況とか、近所の様子のほうが、
参考になり、面白かった。

とても興味を引いたのが、近隣自治会の関係。
物件@のある地区は、500軒近くある分譲地からなる巨大自治会だと思っていたのだが、
物件@を含む40軒くらいは、巨大自治会には加入せず、別の自治会を構成しているとのこと。
こじんまりとした自治会なので、大きな行事とかはなく、行事は納涼会程度。
ゴミ捨て場の掃除当番と班長が回ってくるくらいで、自治会の負担が軽いらしい。
ただ、巨大自治会との関係は、あまり良好というわけではないようだ。
子ども会は、合同でやっているとのことなので、自治会創世期の方たちの関係が良好でないのかもしれない。

それともう1点、通行権承諾書を頂いた後、さらに売主側の不動産屋が聞き込みを続けてくれたようで、
前面の私道に関して、また、新しい事実がわかった。
例の強硬に反対した方が転居した後、市道として寄付する申請を行ったそうだ。
だが、市との調整が難航し、そのままになっているとのこと。
何の調整が難航しているのかまではわからなかったようだが、
前面私道に関して、昔から、市に寄付しようという動きが何回か起こっているらしい。
ご高齢の方は市道と勘違いしている方もおられるようだが、
現状が、よく把握できていないのかもしれない。

ともかくも、売買契約が済んだ。
住宅ローンの本審査が否決でない限り、手付け放棄をするなど、解約には、金銭負担が必要となる。
もう、後戻りは出来ない。
住宅ローンの本審査に通るのを願うばかりだ。
posted by 荷葉 at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅購入への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。